更新日: スキンケアブック編集部 64 views

恋愛に使える交渉術!「ドア・イン・ザ・フェイス」でチャンスを掴むべし!

今日からでも使える恋愛テクニックををご紹介。「ドア・イン・ザ・フェイス」を使えば憧れの彼とのデートの約束を簡単に作れるかも♪また、これをマスターすればお仕事でも活用できちゃう!?

目次

  1. ドア・イン・ザ・フェイスとは
  2. 具体的な会話例がこちら
  3. 注意点
  4. ”落としどころ”を明確に
  5. 最初の要求は非現実過ぎない内容に
  6. やり過ぎ注意
  7. ビジネスでも使える!

ドア・イン・ザ・フェイスとは

出典:weheartit.com

もしかすると、この言葉を知らないだけですでにうまく活用している方がいるかもしれない、恋愛において使える交渉術「ドア・イン・ザ・フェイス」。

どういったものかというと、『大きいお願い事から始め、それを断った相手に対し次に提示されたお願い事を拒否しづらくすることにより、自分の要求を承諾させる』というテクニックです。

これを上手に会話に取り込むことで、憧れのあの人とデートに行ける約束が作れるかも!

具体的な会話例がこちら

出典:weheartit.com

では、実際にどのように会話に取り込めばよいか、例をこちらでご紹介します。

あなた:『◯◯さん、一緒に海外旅行に行きませんか?』
彼:『いや、、、それはさすがにちょっとな。』
あなた:『じゃあ、京都に旅行は?』
彼:『ごめん、それもやっぱり難しいよ。。。』
あなた:『それなら、気になっていたレストランがあるんですが一緒にご飯に行きませんか?』
彼:『それだったら良いよ。』

これは極端な例ですが、上記のようにまずは相手も断るであろう大きいお願い事をし、徐々にお願い事の内容を小さくすることで最終的には自分の本来の要求ポイントである”落としどころ”で承諾を得ることができます。

注意点

出典:weheartit.com

”落としどころ”を明確に

「落としどころ=現実的に実現可能な要求」を明確にしておきましょう。落としどころにあわせて最初の質問内容が変わってくるので明確に決めておいたほうがスムーズです。

また、”実現できるけど少しだけ難しそう”なレベル感で止めるようにしましょう。落としどころに高すぎる要求を設定しても、それを叶えてくれる魔法のテクニックというわけではありません。

最初の要求は非現実過ぎない内容に

最初のお願いは大きいお願いを、と言ったもののあまりに非現実的な要求から始めてしまうと不審な目で見られてしまいます。会話の流れを汲み取り、ある程度のラインを越えすぎないようにしましょう。

やり過ぎ注意

誘いを断られてからも、ひるまず何度か誘い続けなければいけません。あまりにしつこいと嫌われてしまう可能性も大いにあるので、ここぞと言うタイミングで使うようにしましょう。

ビジネスでも使える!

出典:weheartit.com

こちらのドア・イン・ザ・フェイスですが、セールスマンが活用するテクニックとしても知られています。恋愛面だけでなくお仕事の際に使ってみるのもオススメします。

もしかしたらお仕事で交渉成立させたあなたの姿を見て、彼のほうから食事に誘ってくれるかもしれませんね♪

断られてからも何度かお願いが必要なため、少しだけ勇気が必要になるテクニックですが、頑張って実践してみてください。デートの約束をつかんだら後はあなたの魅力を発揮するだけですよ♪

関連記事

ちょっとのぞいてみよう☆東京都、凄すぎる賃貸物件!!!

世の中には想像できない物件が多々あります!中でも今回は東京都で実際にある賃貸物件をご紹介。 ちょっとのぞいて行きませんか?

2016/5/6  その他

カイロの貼り方で効果がかわる!効果的貼り方を知って賢く暖まろう*

どんどん冬の寒さが厳しくなってくるこの季節。それと同時に女の子にとって”冷え”に体する悩みが増えてくるのではないでしょうか。”冷え”を簡単に解消する方法って「カイロ」が一番ラクチンで手っ取り早いですよ ...

2015/11/9  その他

日本のマチュピチュ 天空の城「竹田城」はこれからの時期が見ごろ!

GoogleのCMにも登場した日本のマチュピチュとも表現される「竹田城」。実はこれからの時期が見ごろの時期なんです!竹田城の魅力を詳しく紹介したいと思います。

2015/11/9  その他

Instagramのオシャレで可愛い「#色集めごっこ」始めてみませんか♡

ジワジワと人気が上がって、見かけることも多くなった?かもしれない「#色集めごっこ」センス溢れる色集めを今からでも始めてみませんか?

2015/11/14  その他

おにぎらずの次はこれ!「サンドらず」がSNSでじわじわ人気に!

何かと新しいグルメを生み出しているSNSのハッシュタグ。以前、握らないでつくる”おにぎらず”が流行したのは記憶に新しいですね。続けと言わんばかりにじわじわ人気になってきているのが「サンドらず」。皆さん ...

2016/3/5  その他