更新日: スキンケアブック編集部 91 views

詰まり毛穴の原因と対策方法!本気で角栓除去したい方必見です☆

毛穴が詰まると起きる数々のトラブル。誰しもが一度は悩んだ経験があるのではないでしょうか。詰まり毛穴のしくみを理解し無駄のないケアを今度こそ始めてみませんか?正しいケアを自分のモノにして今度こそ貴方も毛穴美人になりましょう!

目次

  1. 詰まり毛穴の原因は『角栓』だった?
    1. 詰まり毛穴の原因『角栓』の出来るしくみを知ろう
  2. 詰まり毛穴の解消法3選
    1. 1・角栓のもとになっている角質(タンパク質)のケア
    2. 2・ターンオーバーの乱れを整える
    3. 3・皮脂分泌を整える
  3. まとめ

詰まり毛穴の原因は『角栓』だった?

美肌を目指すにおいて詰まり毛穴はとても厄介です。

これを読んでいる方も一度は自分の毛穴が気になって様々なアイテムを試したこともあるのではないでしょうか?もちろん改善されていれば良いのですが、なかなかそうもいかないのが毛穴の悩みですよね。

詰まり毛穴は悪目立ちするので、ついつい他の人と比べてしまって、ますます自分の肌に自信が持てなくなり毛穴なんてなければいいのに!と嘆きたくなります。。でもそうも言っていられないのが現実です!


ではどうして詰まり毛穴は引き起こってしまうのでしょうか? 

ここでは毛穴が詰まる原因『角栓』についてしっかり探っていきます。



詰まり毛穴の原因『角栓』の出来るしくみを知ろう


角栓は誰しもの肌に存在し、30%の皮脂と70%の角質(タンパク質)で出来ていると言われています。角質は誰しもの肌から日々剥がれ落ち、新しい肌が生まれていきます(ターンオーバー)。

しかしこのターンオーバーが何らかの刺激を受けて乱れると、角質が正常に剥がれ落ちなくなり、肌に留まり乾燥します。これらの古い角質メイクなどの汚れ毛穴の角栓と絡まり合って付着することで角栓を大きくし詰まり毛穴を作り出しているのです。


大きくなった角が酸化し黒ずんだ状態になることはイチゴ鼻と呼ばれています。鼻は他の部位よりも皮脂を分泌する皮脂腺が多く存在しますので過剰な皮脂はますます毛穴の角栓と汚れを絡めやすくし、毛穴の詰まりが悪化しやすい部位と言えます。



  1. 詰まり毛穴の出来るしくみまとめ
  2. 詰まり毛穴は毛穴に溜まった皮脂に角質やメイク汚れなどが絡まり角栓が大きくなった状態のこと
  3. 角栓の正体は30%の皮脂と70%の角質(タンパク質)
  4. 角質は日々のターンオーバーで剥がれ落ち、新しい肌が作り出されるが、ターンオーバーが乱れると角質が滞り乾燥し毛穴の詰まりも悪化
  5. 過剰な皮脂は汚れなどと絡まるリスクが高く角栓が大きくなりやすい

詰まり毛穴の解消法3選

詰まり毛穴になる原因がわかったところで、 原因に対しての解消法をここではお伝えしていきます。

1・角栓のもとになっている角質(タンパク質)のケア

角栓自体を指やパックで引っこ抜く行為は皆さん経験があるのではないでしょうか?気持ちはよくわかります!!が、毛穴を無理やり広げる、肌を傷つけトラブルの原因になるので控えたほうがベター。

下記の2つを見直して角質ケアをしていきましょう。



(1)クレンジングの見直し

角栓は皮脂、角質以外にもメイクなどの汚れが絡まってできていますので、まず大事なケアは角栓原因になる汚れをきちんと落とすこと!シンプルですがそれに尽きます。

クレンジングでメイク汚れや皮脂をきちんと落としましょう。しかしクレンジングはこってりしすぎるテクスチャーだとベタつきが気になるし、メイクを落とすために作られているので洗浄力が強いものも多く、肌がつっぱってしまいがち。

それを避けるためにも美容成分が配合されていて潤いがキープできるもの。尚且つ、洗い上りがべたつかないアイテムを選びましょう!



【編集部おすすめクレンジング】D.U.O(デュオ)

デュオはバームタイプのクレンジング料です。クレンジングにありがちなベタつきでヌルヌルが気になったり、逆に洗浄力が強すぎて洗い上がりのツッパリに悩む人にまずおススメです。

さらに潤いは損なわないのに汚れをしっかりオフできる理想的なクレンジングと評判の高いアイテムです。バームの形状には独自成分のナノマトリクスは洗浄成分とエイジング成分がたっぷり配合され、肌に馴染むと美容成分が溶けだし肌に浸透します。またナノマトリクスの構造が特殊カプセルになっていてそれがソフトスクラブ効果をもたらしてくれ詰まり毛穴で気になる角栓除去の効果まで発揮してくれる優れものです。


編集部の声

バーム状の固形がスーッと肌に溶けやさしく顔を包み込んでくれました。

驚いたのはメイク馴染みの良さ。これだけ潤いに満ちたクレンジングなのにメイクもしっかりとオフしてくれました。

これだけでもクレンジングとして優秀ですが、さらにエイジングエアも兼ね備えてくれているなんて嬉しいですよね。洗い上りも肌が柔らかくなり、保湿が角質層の奥までしっかり浸透してくれているのを実感しました。





(2)洗顔の見直し

角栓は皮脂と角質(タンパク質)から出来ているので、角質(タンパク質)へアプローチすることが必要です。よくある洗顔は油性の汚れを取り除くように作られていることが多く、それだと角質は上手く落とすことができません。

単に汚れを落とすだけではなく、不要な皮脂・角質を分解してくれる洗顔を選ぶことが大事です。

皮脂や角質に働きかける効果のあるクレイ系やタンパク質分解作用のある酵素系がおすすめです。




【編集部おすすめ洗顔】 どろ豆乳石鹸 どろあわわ

どろあわわは、洗顔石鹸です。二種の泥パワーで毛穴の角栓や黒ずみ汚れをしっかり浮かして落としてくれ、さらに毛穴の引き締め作用まであるんです。黒砂糖エキスが角質層に潤いをしっかり届けてくれコラーゲンやヒアルロン酸がハリのあるうるおい肌へ導いてくれます。

また濃密な泡が特徴のどろあわわはお肌を傷つけること無く洗うことが出来るため、いらない汚れはしっかり除去しながら必要な潤いを損なうことはありません

洗顔しながら潤いを整えることの出来る大人気のアイテムです。


どろあわわ洗顔のポイント

・熱いお湯では洗わない

・ゴシゴシ指で肌をこするように洗わない→泡で洗うようにモコモコの泡を作りましょう!


編集部の声

まず普通なら苦労しがちな泡立てる工程が本当に簡単で、もこもこな弾力のある泡がすぐ作ることが出来ました。

その為顔に泡を当てたときに泡に包まれているようで、弾力のある泡は動かしやすいので優しくしっかり洗うことが出来ました。

何しろこの泡がとっても気持ちよかったです。

洗い上がりも毛穴の汚れがしっかり落ちているサッパリ感はあるのに全く突っ張ることがなく、清潔な肌に生まれ変わった気分になりました。化粧品特有のキツイ香りがないことも気分を選ばず使いやすいのでは。




【編集部おすすめ洗顔】 ビーグレン クレイウォッシュ

ビーグレン「クレイウォッシュ」は洗顔料です。クレイウォッシュの特徴は泡が立たないことです!

天然クレイのモンモリロナイトが肌に吸着しながら皮脂や古い角質、メイク汚れ垢などの汚れだけを吸い取ってくれるので、必要な潤いをしっかり保ちながら、不必要な角栓や黒ずみをしっかり吸着し毛穴をキレイに洗い上げてくれる洗顔です。

洗顔後のつっぱり感などが日常から気になっている方に特にオススメしたいアイテムです。

編集部の声

クレイウォッシュは何と言っても洗い上がりに注目です!肌が柔らかくなったことが洗い上がりの肌を触るとすぐ分かりました。

まさにスベスベな肌!保湿液の浸透がいつもと明らかに違って内側から潤う肌に仕上がりました。

必要なアイテムだけの単品ももちろん良いですがトライアルでセットで使用してみると効果をより感じることができて良かったです。



クレンジング・洗顔の注意点

角質を取り除くために効果的なクレンジングや洗顔でも必要以上に時間をかけたり強い力でゴシゴシ洗ってしまうと、角質層の内部にある細胞間脂質(セラミドなど)やNMF(天然保湿因子)まで洗い流してしまう原因になりますので注意が必要です!

2・ターンオーバーの乱れを整える

ターンオーバーの乱れは肌の様々なトラブルにも直結してしまいます。

詰まり毛穴解消のためにも日頃から下記2つを取り入れてみましょう!



(1)肌を柔軟に整え保湿をする

ターンオーバーが乱れ、角質が正常に剥がれ落ちず、古い角質が溜まることを角質肥厚と言います。

角質肥厚になっている肌をわかりやすく言うと触って硬かったり、ゴワついている状態です。これではせっかく保湿をしても角質層に潤いが行き渡らず乾燥の原因になります。毛穴も硬くなり皮脂や角質が上手に除去出来ない状態になってしまいます。こうなると詰まり毛穴は深刻になってしまいます。

保湿を角質層までしっかりと行き渡らせるために必要なケアは角質を柔軟に整えることです。方法としては角質拭き取り化粧水を使用したり、週に一度ピーリングをするのもおすすめです。蒸しタオルをして肌を柔らかくしてから化粧水をつけることでも浸透率はアップします。角質層が潤うと毛穴1つ1つにも潤いが届き、毛穴収縮にも効果が望めます。



(2)日焼け止めでトラブルを受けないケアを

一年中気をつけなければならないのが紫外線です。

毛穴の中にシミを作るとせっかく詰まりを除去できても毛穴が目立つ毛穴シミ状態にもなります。また紫外線から外的刺激を受けるとターンオーバーが乱れせっかくケアをしていても悪循環が起こります。よく日焼け止めは一年中塗ってくださいと百貨店のお化粧品カウンターで美容部員さんに言われたことがありましたが、こういうことも理由だったんですね。




3・皮脂分泌を整える

最後に詰まり毛穴と同じくらい悩んでいる人が多いのが皮脂の悩み。

詰まり毛穴にも大きく関わっています。

皮脂分泌が過剰になる原因を理解して解消に導いて行きましょう!



(1)皮脂分泌が過剰になる原因

皮脂が角質や汚れと絡むことで角栓は作られるため、過剰な皮脂が出ている人ほど角栓が作られやすくなります。まずは原因を知りましょう!

  • ホルモンバランスの乱れ。生理前・思春期は女性ホルモンが乱れやすく男性ホルモンに似たプロゲステロンが優位に働き皮脂腺が刺激され増加。よって男性の方が皮脂分泌が多いのもこれが原因。ストレスも交感神経が優位になるため乱れる。
  • 乾燥すると肌を守ろうとするため皮脂の分泌が過剰になりやすい。
  • 油分ばかりの食生活でも肌の皮脂分泌は過剰になる。
  • 夏など暑い日のほうが皮脂過剰になる。
  • もともと皮脂腺が大きい人は分泌量が多い。


(2)過剰な皮脂ほど適度な保湿が大事!

過剰な皮脂にも保湿は重要なケアです!皮脂が多く気になるからと言ってあぶらとり紙を沢山使ったり、サッパリ化粧水でささっとスキンケアを終わらせる方も多いかと思いますが、肌を守ろうとするため、より一層皮脂が過剰になるので逆効果なります。

肌が潤いで満たされると、一つ一つの毛穴も元の状態に戻りやすくなります。スキンケア後の良い状態はべたべたさするのではなく、肌に手が吸い付く状態です。ぜひ毎日スキンケア後に触ってご自分の肌の良い状態を確かめましょう!




まとめ

毛穴詰まりの原因である角栓がどうしたらできて、またどうしたら解決出来るのかがお分かりいただけましたでしょうか?

対策を知っていると今後自分がどんなスキンケアを選んでいいか分かりやすくなりますよね。

とても手ごわい角栓ですが正しいアイテムと方法で美肌を手に入れましょう♪

関連記事

関連記事はありませんでした