更新日: スキンケアブック編集部 44 views

無敵の”若返りホルモン”でもう太らない、疲れない!美肌にも効果的♪

若いころに比べるとなんとなくホルモンバランスが変わったと感じることないですか?私たちの体は、女性ホルモンを代表に、非常に多くのホルモンが働いています。そのホルモンをケアすることで若い時のような太らなくて疲れにくい体を手に入れることができるんです!

目次

  1. あなたはいくつ当てはまる?若返り、老化ホルモンチェック
  2. 若返りのための5大ホルモン
  3. エストロゲン
  4. メラトニン
  5. テストステロン
  6. DHEA
  7. 成長ホルモン
  8. 老化を促進させる2大ホルモン
  9. インスリン
  10. コルチゾール
  11. 若返りホルモンを増やそう!
  12. 若返りホルモンを補う食事
  13. 足腰を使う運動をしよう
  14. 深い眠りをとろう!

あなたはいくつ当てはまる?若返り、老化ホルモンチェック

1.運動をあまりしない
2.座ってする仕事をしている
3.休日は寝て過ごすことが多い
4.家事はほとんど手抜き
5.テレビ、本を見る時間が長い
6.夜は23時以降まで起きている
7.夜にPC、スマホをよく使う
8.朝は8時すぎまで寝ている
9.豆類をあまり食べない
10.野菜、果物はあまり食べない
11.魚は食べないけど肉はよく食べる
12.日光に当たらないように心がけている
13.21時以降に何かを食べることが多い
14.白米、パンや甘いものをよく食べる
15.家族の会話が少ない、人付き合いも少ない
16.ささいなことが気になる

いかがだったでしょうか。
少々厳しいかもしれませんが、チェックが3つ以上付くと若返りホルモンが下がりやすく、老化ホルモンが分泌されやすくなっています。
3つ以上あてはまるのであれば、若返りホルモンのケアを始めてみるといいかも!

代表的なホルモンは以下の通り。

若返りのための5大ホルモン

エストロゲン

出典:weheartit.com

エストロゲンは女性を妊娠できる状態にするホルモン。コラーゲンを作る働きを活発にさせ肌のハリ髪のツヤを保つ重要なホルモンです。女性の代表的な若返りホルモン!

メラトニン

出典:weheartit.com

体内時計で夜ですよーと体の至る部分に教えてくれるホルモン。このメラトニンが出ると深い睡眠を維持することができ、他の若返りホルモンを分泌させられます。メラトニンそのものにも体を老化させるといわれる「活性酸素」を消す作用があります。

テストステロン

出典:weheartit.com

筋肉を作り内臓脂肪を増えにくくする働きをもつ男性ホルモン。男性の場合はこのテストステロンの値が高い人ほど長生きするという結果が出ています。女性でもこのホルモンは分泌されていて筋肉を増やすだけではなく、やる気をアップさせる働きをもつホルモンです。

DHEA

出典:weheartit.com

長生きの人は分泌が多い!と注目されている”デヒドロエビアンドロステロン”略してDHEAというホルモンです。内臓脂肪を減らして血管機能を改善させる効果があります。

成長ホルモン

出典:weheartit.com

睡眠中に出るホルモンでメラトニンの不快熟睡効果によっても分泌させるホルモン。子供が成長するためだけではなく、大人になってからもその効果はあり、傷ついた細胞の修復、新陳代謝の促進、疲労の回復などの働きで体を若返らせることができます。

老化を促進させる2大ホルモン

インスリン

出典:weheartit.com

筋肉にエネルギー源となる糖を取り込ませたり、あまった糖を脂肪に変えて蓄積したりします。血糖値を下げる働きを唯一持つホルモンです。これが過剰だと血糖が高いため「糖化」を招いて老化が進みます。

コルチゾール

出典:weheartit.com

人間関係、睡眠不足、体にストレスがかかり炎症がおきると、それを消すために作られるホルモン。過度に体に負荷がかかるとこの分泌が追いつかなくなり、朝起きれなかったり、常にだるいといった症状が出てしまいます。

若返りホルモンを増やそう!

若返りホルモンを補う食事

出典:weheartit.com

若返りホルモンに似た成分の入った食事でエストロゲン、DHEAを増やすことができます。また、糖質を控えめにするとインスリンを減らすことができます。若返りホルモンの2種類はコレステロールが原料なので、極端に油を抜いた食事はNGです。エストロゲンに似た構造なのは大豆イソフラボン、DHEAはヤマイモ、これを食べると体内で若返りホルモンが増えます。また、老化ホルモンの「インスリン」これが増えるのは血中の糖が増えた時です。血糖値をあげすぎないために糖質を多く含む食品は避け、糖質の吸収をゆるやかにする食物繊維の多い食品を食べることが効果的です。

足腰を使う運動をしよう

出典:weheartit.com

30分、有酸素運動をすることで、DHEAが増えるといわれています。また、足腰を中心に筋力を上げることで、成長ホルモンやテストステロンも増えます。あまり苦しくないレベルの運動が効果的で、笑顔でできる程度がオススメ。あまり苦しいとコルチゾールが増えて、疲労が蓄積されます。スロージョギングなど負荷が少ない方法を選んで運動すると若返りに効果的です!

深い眠りをとろう!

出典:weheartit.com

体内時計が遅れることなく深い眠りをとることで、メラトニンが増えて熟睡することができます。すると、成長ホルモンが分泌されて細胞を修繕して疲れにくい体にしてくれます。また、眠る前に心身ともにリラックスさせるのも大事で、そうすることによりコルチゾールを減らすことができます。このコルチゾールは気象前から徐々に増えて日中に高くなります。日中に強いストレスを受け、夜にリラックスできていないと夜間のメラトニンの分泌を下げ、疲れやすくだるい体になってしまいます。

当たり前のことだけど難しい生活習慣。でもこれは老後まで続く自分の体の基礎となるべき部分なので、毎日コツコツと改善できると、いつまでも若々しい体を保つことができますよ♪

関連記事

愛情を脅威に思ってしまう虐待され続けた子犬は再び人間を信頼することができるか

ルーマニアの動物保護施設「Craiova」は保護施設であるにも関わらず、動物の残忍な取扱いが有名な施設です。そこに、生まれた時から愛情を一切受けることなく育った子犬がいました。

2016/1/10  その他

心から愛していた犬を亡くし打ちひしがれた猫は彼の生きていた記憶に寄り添う

今から約一年前に、海外の大型掲示板サイト「reddit」で話題になった犬のチャーリーと猫のスカウトの種族の壁を越えた愛のお話です。一年が過ぎようとしているので、この機会に知らなかった人は是非、彼らの愛 ...

2015/11/4  その他

100均の木製食器をおしゃれにDIY!「ウッドバーニング」でオリジナルデザインにしちゃおう♪

木製の食器に半田ごてなどを使ってイラストや模様を描いていく「ウッドバーニング」がじわじわ人気になっています。材料もお手軽に揃えることができるので是非チャレンジしてみてください♪

2016/3/4  その他

NY発の「ベアバーガー」はもう食べた?ハンバーガーもオーガニックの時代です♪

ハンバーガーと聞くとジャンクフードのイメージの方が多いと思いますが、その考えを覆すお店があるんです。それがNY発のオーガニックハンバーガーショップ「ベアバーガー」。7月に日本に上陸し、ずっと気になって ...

2015/11/14  その他

2016年はアシンメトリー スカートで大人セクシーにキめちゃおう♪

2016年春夏はミステリアスさを出して大人の女性の魅力を引き出すためにアシンメトリーなスカートでオシャレしちゃいましょう♪

2016/1/21  その他