更新日: 2 views

おすすめセラミド配合美容液7選 / 選び方とそのポイント

「セラミド」はお肌の保湿効果を期待される成分として、さまざまな化粧品に配合されています。その中でも効果的にセラミドが補給できるのは、美容液だと言われていますが、種類が多くてどれを選んでいいか迷ってしまいますよね… ここでは、セラミドの性質や役割を踏まえて、セラミドがお肌にもたらしてくれるメリットを解説。その上で、セラミド配合美容液の選び方やおすすめの商品をご紹介いたします。

目次

  1. そもそもセラミドって?
    1. セラミドの性質と役割
  2. セラミド配合美容液の選び方とそのポイント
    1. セラミドの種類を確認しよう
    2. セラミドの配合量を確認しよう
  3. おすすめのセラミド配合美容液7選
    1. エトヴォス『モイスチャライジングセラム』
    2. アスタリフト『ジェリー アクアリスタ』
    3. コーセー『米肌』
    4. ライスフォース『ディープモイスチュアエッセンス』
    5. メディプラス『メディプラスゲル』
    6. ブルークレール『リペアモイストWエッセンス』
    7. セルピュア『エッセンス』
  4. セラミド配合美容液の正しい使い方
  5. 体の内側からセラミドを増やす!
  6. まとめ

そもそもセラミドって?

セラミドは人のお肌に元々ある物質で、お肌の保湿を担いハリを支えてくれます。しかしお肌にあるセラミドの量は赤ちゃんのときがピーク。その後は加齢とともにだんだんと減っていき30代を過ぎたあたりから減少は加速します。


食べ物からもセラミドは補給できますが、当然体のさまざまな器官に行き渡り、お肌に届くのはその一部。お肌に直接的に補給しようとすると、化粧品が一番効果的なのです。化粧品でセラミドを補給するためにも、まずはセラミドにどういう性質があり、お肌にどのようなメリットをもたらしてくれるのかを解説いたします。

セラミドの性質と役割

セラミドは人の表皮にある角質層にもともと存在する脂質成分です。脂質、つまり油分ですので、水に溶けにくい性質を持っています。


セラミドは角質層で細胞と細胞の間を埋める役割を果たしています。下図のように、セラミドが水分を挟み込み、抱え込みながら細胞間を埋めています。セラミドがお肌の保湿を担い、ハリを支えていると言われているのは、このためですね。



またセラミドが角質層に豊富に存在することで、紫外線やアレルゲンなどの外的刺激からお肌を守る「肌のバリア機能」が強化されるとともに、体の内側の水分の蒸発を防いでくれます



一方、セラミドが不足すると、お肌は乾燥し、荒れていきます。その結果、お肌のバリア機能は弱まり、紫外線などの外部刺激が入り込んでしまいます。さらに体の内側の水分も逃げていき、ますますお肌の状態は悪くなっていきます。



角質細胞を埋める物質の約50%がセラミドで、セラミドによって、お肌の約80%の水分が保たれています。この事実を知ってしまうと、セラミドが減少すると「なんだかお肌に良くなさそうだ」というのは、すぐイメージできますね。


次の章ではセラミド配合化粧品の選び方のポイントをご紹介いたします。

セラミド配合美容液の選び方とそのポイント

セラミドは化粧水や美容液、クリームなど、さまざまな化粧品に配合されています。


「セラミドの性質と役割」の章でも解説しましたが、そもそもセラミドは水に溶けにくい性質を持っています。よって、主成分が水である化粧水ではなく、主成分が油分である美容液、クリームと相性がよいということが言えます。


またクリームには余分な油分が含まれていることも多いため、美容液でセラミドを補給するのが一番効果的と言えます。


前章で解説したセラミドの役割を考え合わせると、セラミド配合美容液には主に下記の効果が期待されます。


●乾燥肌・敏感肌の改善
●お肌のハリ不足の改善
●お肌のバリア機能の強化


この効果を最大限に引き出せるように、セラミド配合美容液の選び方のポイントを解説します。

セラミドの種類を確認しよう

人の肌にあるセラミドにも、美容液に配合されるセラミドにも、それぞれいくつかの種類があります。特に美容液に配合されているセラミドの種類は、その美容液の効果に直結するので、選ぶときには慎重に確認する必要があります。ここではセラミドの種類について解説いたします。


まず人のお肌に存在するセラミドの話をします。お肌には数種類のセラミドが存在し、そのうち代表的なものは6種類。それぞれセラミド1、セラミド2… と1から6まで「セラミド+番号」と名前がつけられており、6種類それぞれで役割が違います。このうち保湿の役割を担っているのが、セラミド1セラミド2セラミド3。従って、これらが配合されている美容液を選びたいところです。


一方、美容液に配合されているセラミドは大きく分けて下記の4種類。


+++++


●天然セラミド
馬などの脳や脊髄から抽出される動物由来のセラミド。肌への浸透力が高く、もともとあったセラミドとも良く馴染む上、セラミドを作り出す効果も期待できます。ただし高価なため、天然セラミドが配合されている化粧品は高額になります。


表示成分名:ビオセラミド / セレブロシド / ウマスフィンゴ脂質など


●植物性セラミド
米、とうもろこし、大豆、小麦など、植物から抽出されたセラミドです。最近ではこんにゃくから抽出されたセラミドが、安価で大量生産できる点、アレルゲンになりにくい点で注目されています。

植物性セラミドは安価ですが、効果は薄いと言われています。


表示成分名:植物性セラミド / コメヌカスフィンゴ糖物質など


●ヒト型セラミド(バイオセラミド)
酵母から合成したセラミド。人のセラミドに真似て作ったので、ヒト型セラミドと呼ばれます。その名前の通り、人がもともと持つセラミドと全く同じ構造をしており、天然セラミドに負けない浸透力を持っています。またアレルギー反応もほぼ出ることはなく安全です。


表示成分名:セラミド1 / セラミド2 / セラミドNP / セラミドAPなど


●合成セラミド(擬似セラミド)
セラミドに似た物質を科学的に合成した物質です。セラミドと似たような構造をしていますが、実際のところは全くの別物です。擬似セラミドとも言われ、安価ですが、効果は薄いです。


表示成分名:セチルPGヒドロキシエチルパルミタミドなど


+++++


以上のことを踏まえると、人の持つ、セラミド1、セラミド2、セラミド3と同じ役割を担ってくれ、アレルギー反応もほぼ出ない「ヒト型セラミド」が配合されている美容液を選ぶのがよいでしょう。

セラミドの配合量を確認しよう

セラミド配合美容液を選ぶ際には、セラミドの種類とともに、セラミドの配合量も確認したいところです。


セラミド配合の美容液は、セラミドが十分に配合されていないと効果が実感できません。しかしセラミドの配合量がわずかであっても、「セラミド配合」と謳っている美容液はありますので、セラミドがどれだけ配合されているかはしっかりとチェックしましょう。


具体的な配合量が表示されていない製品もありますが、その場合は成分表示の順番に注目しましょう。成分表示は配合量の多い順に記載されていますので、上から10番目くらいまでにセラミドが記載されていないものは選ばないほうが無難です。


またセラミドは高価な成分ですので、効果の実感できる美容液は少なくとも3,000円以上するのが妥当です。極端に安いものはセラミドがあまり配合されていない可能性が高いので、価格もひとつの目安にしましょう。

おすすめのセラミド配合美容液7選

それでは編集部が厳選したおすすめのセラミド配合美容液をご紹介いたします。

エトヴォス『モイスチャライジングセラム』


編集部がまずおすすめするのはエトヴォス『モイスチャライジングセラム』です。


この美容液にはなんと5種類ものヒト型セラミドが配合されており保湿効果は抜群! これに加え、さらに保湿成分であるヒアルロン酸も配合されています。


またお肌の刺激となる香料や着色料、石油系界面活性剤などが添加されておらず、敏感肌・乾燥肌の方にも安心してお使いいただけます。


○ 購入方法:公式HP / ドラッグストア
○ 価格:4,000円(税抜) / 50ml
○ 5種類のヒト型セラミド配合、ヒアルロン酸配合、香料や着色料などが無添加、敏感肌・乾燥肌の方にも安心

アスタリフト『ジェリー アクアリスタ』


こちらはアスタリフト『ジェリー アクアリスタ』です。ジェル状の先行美容液で、洗顔後すぐのお肌に使用します。


こちらの美容液には、3種類のヒト型セラミドが配合されており、お肌の水分を抱え込み、潤いをしっかりと保ちます


またコラーゲンも3種類配合セラミドとともにお肌のハリを支えてくれます


テクスチャーはさらりとしており、ベタつきません。


比較的高価な商品ですが、現在(2017年7月)公式HPではお得なトライアルセットを販売中。この機会にぜひお試しください。


○ 購入方法:公式HP / ドラッグストア
○ 価格:12,960円(税込) / 60g
○ 3種類のヒト型セラミド配合、コラーゲン配合、トライアルセットあり

コーセー『米肌』


編集部が次におすすめする美容液はコーセー『米肌』です。


この『米肌』には「ライスパワーNo.11」という成分が配合されています。この「ライスパワーNo.11」がなかなかの優れもので、なんと「セラミド」を作り出してくれるのです。セラミドが配合されている美容液ではありませんが、お肌に直接働きかけ、セラミドを増やしてくれるという意味で、ここでご紹介させていただきました。


また『米肌』は、無着色、無香料、石油系界面活性剤などを一切使用しておらず、お肌への負担も少ない製品で、安心してお使いいただけます。


現在公式HPでは、この美容液と洗顔石鹸、化粧水などが14日分セットになったお得なトライアルセットが販売されています。まずこちらからお試しになられてはいかがでしょうか。


○ 購入方法:公式HP / ドラッグストア
○ 価格:7,000円(税抜)/ 30ml
○ ライスパワーNo.11配合、無着色、無香料、アレルギーテスト済み

ライスフォース『ディープモイスチュアエッセンス』


こちらの美容液はライスフォース『ディープモイスチュアエッセンス』です。


こちらの美容液にもライスパワーNo.11が配合されており、セラミドを作り出してくれる効果が期待できます。


この美容液の効能は広く認められており、女優・モデルにも愛用者が多く、現在世界にも広がっています。


まずは価格的に手の出しやすいトライアルセットでお試しください。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:10,000円(税抜) / 30ml
○ ライスパワーNo.11配合、無着色、無香料、アレルギーテスト済み

メディプラス『メディプラスゲル』


こちらはメディプラス『メディプラスゲル』。このジェルの特徴は、これ1本で、化粧水、乳液、美容液、クリームの4役をこなしてしまうことです。そのため配合されている美容成分はとても豊富で、その数なんと66種類! セラミドに関しては、ヒト型セラミドが3種類配合されており、保湿はばっちりです。


また肌の摩擦は、肌への負担となりますが、洗顔後のスキンケアがこれ1本で完了するので、お肌をこする回数をかなり減らすことができます。お肌の弱い方も安心してご使用できます。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:3,996円(税込) / 180g
○ 3種類のヒト型セラミド配合、コラーゲン・ビタミンCなど66種類の美容成分を配合、初回お試し価格あり

ブルークレール『リペアモイストWエッセンス』


こちらのセラミド配合美容液はブルークレール『リペアモイストWエッセンス』です。


「オーガニック」「無添加」に徹底的にこだわり抜いたこの美容液には、セラミド3(ヒト型セラミド)と微生物由来のスフィンゴ糖脂質が配合されています。


スフィンゴ糖脂質は発酵セラミドとも呼ばれ、セラミド3とともにお肌の水分を保ち、バリア機能を強化する役割が期待できます。


またプラセンタビタミンC誘導体などの保湿成分も配合されており、お肌のハリを支えるとともに、エイジングケアも可能。


「オーガニック」かつ「無添加」ですので、敏感肌・乾燥肌の方にも安心してお使いいただけます


○ 購入方法:公式HP / ドラッグストア
○ 価格:8,000円(税抜) / 50ml
○ オーガニック、無添加、ヒト型セラミド配合、プラセンタ・ビタミンC誘導体配合、エイジングケア

セルピュア『エッセンス』


最後にご紹介するのは、セルピュア『エッセンス』です。


こちらの美容液にはヒト型セラミドが3種類配合されています。さらにフラーレンビタミンC誘導体コラーゲンヒアルロン酸なども配合され、お肌に潤いを与え、ハリを支えます


”大人の為のセラミド濃密美容液”というキャッチコピーのついたこの美容液は、まさに年齢肌にお悩みの方にぴったりです。またお肌の刺激となる成分は使用されていないので、敏感肌・乾燥肌の方にも安心してお使いいただけます。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:8,500円(税抜) / 30ml
○ ヒト型セラミド3種類配合、フラーレン・ビタミンC誘導体・コラーゲンなど潤い成分配合、敏感肌・乾燥肌の方にも安心

セラミド配合美容液の正しい使い方

あなたにぴったりの美容液は見つかりましたか? セラミド配合美容液はあなたのお肌の強力な味方ですが、正しく使用しないと効果は半減です。


ここでは美容液を使用する際の注意点を解説いたします。

  1. セラミド配合美容液を使用する際のポイント
  2. 洗顔後、化粧水で肌を整えた後に使用します。美容液を手に取り、優しく包み込むように塗りましょう。擦って塗りこむのはNGです!
  3. 毛穴の気になるところから、丁寧につけていきましょう。
  4. 手のひらの温度で、美容液を肌に染み込ませるイメージです。あくまで優しく!
  5. 肌にムラなく美容液をつけ終わったら、その後は乳液やクリームでしっかり保湿をしましょう。肌の上から蓋をします。

※美容液によっては、化粧水の前に使用するものもありますので、製品に記載された用法、用量をしっかりと確認しましょう。


セラミドをはじめ、保湿成分や美容成分が豊富に配合されている美容液ですが、豊富に配合されているからといって、即効性があるというわけではありません


お肌に合わないなどの肌トラブルが発生しないかぎりは、一度選んだ美容液は長く使用しましょう。お肌のターンオーバーの周期は、28日から56日と言われていますので、少なくとも2ヶ月から3ヶ月は使用してみましょう。

体の内側からセラミドを増やす!

編集部が厳選したおすすめセラミド配合美容液をご紹介いたしました。最後にセラミドが多く含まれる食品をご紹介いたします。


セラミドの多く含まれた食品を摂取しても、当然その栄養素は体の各器官に届けられるので、お肌にセラミドが届くのはごく一部です。しかし、意識的に食事で体の内側にセラミドを取り入れるのは、長い目で見て効果的と言えます。


セラミドが多く含まれている食品はこちらです。

  • セラミドの多く含まれる食品
  • こんにゃく
  • 大豆
  • 小麦
  • ヨーグルト


この中でおすすめなのは、こんにゃくです。植物性セラミドが豊富に含まれており、低カロリー! ぜひ積極的に食事に取り入れましょう!

まとめ

セラミドはお肌の保湿に欠かせない成分ですが、加齢とともにだんだんと減少してしまいます。日々のスキンケアにセラミド配合美容液をうまく取り入れてハリのある肌を目指しましょう!



関連記事

【必見! セラミド補給】化粧水よりも断然効果的! 厳選セラミド配合美容液・クリーム5選

【必見! セラミド補給】化粧水よりも断然効果的! 厳選セラミド配合美容液・クリーム5選

セラミドはお肌の保湿効果を期待される成分です。「何となくお肌に良いんだろうな」と考えて、セラミド配合の化粧水をお使いの方も多いようですが、実は化粧水でセラミドを補給するのは、効果的ではありません。ここ ...

目指せ美肌! おすすめビタミンC誘導体配合美容液7選

目指せ美肌! おすすめビタミンC誘導体配合美容液7選

美肌に必須の成分と言えばビタミンC。毎日のスキンケアにぜひ取り入れたいところです。ビタミンCを補給できる化粧品はたくさんありますが、その中でも今回はビタミンC誘導体配合の美容液をピックアップ! ビタミ ...