更新日: 1 views

毛穴パックはいちご鼻に逆効果?! 毛穴パックのNG例3つと正しい使い方

毛穴パックはいちご鼻にとって逆効果という説がありますが、実はそれはNGな毛穴パックの使い方をしてしまっているのが原因。洗顔後に蒸しタオルで毛穴を開いてから毛穴パックをしたり、月1~2回程度の使用頻度に抑えたりすることが重要なのです。毛穴パックのNG例&対処法や正しい使い方を知っておきましょう。

目次

  1. 毛穴パックを使うと逆効果って本当?
  2. これをやってはダメ! 毛穴パックの3つのNG例と対処法
    1. NG1:洗顔直後に毛穴パックをしない
    2. NG2:毛穴パック後の肌を放置する
    3. NG3:毛穴パックを使い過ぎている
  3. 毛穴パックの効果がある毛穴と効果のない毛穴がある
  4. 毛穴パックの種類とそのメリット・デメリットと注意点
    1. 剥がし取るタイプのメリット・デメリット
    2. 洗い流すタイプのメリット・デメリット
  5. パック前の正しい洗顔方法と毛穴パックの手順を徹底解説!
    1. パック前の正しい洗顔方法
    2. 毛穴パックの正しい手順
  6. 編集部おすすめのクレイパック5選
    1. オルビス『ディープクレイスパ -贅沢な海のパック-』
    2. itten cosme(イッテン コスメ)『泥練洗顔』
    3. パラオミルキー『ピュアホワイトクレイパック』
    4. ハウス オブ ローゼ『ハーバルクレイ パック』
    5. ピノクラブ『お肌に、泥パック DX』
  7. まとめ

毛穴パックを使うと逆効果って本当?

毛穴パックは毛穴から角栓を根こそぎ取り除いてくれますが、実はこれが毛穴ケアに対して逆効果になることがあると言われています。


ただ、これは毛穴パックの使用頻度や使い方を守らずに毛穴パックを行った場合の話です。毛穴パックには適切な使用頻度や正しい使い方があるため、それを誤ってしまうと角質を取り除きすぎてしまい、かえって肌の乾燥などの肌トラブルを招くことになってしまうのです。


つまり、毛穴パックは使用頻度や使い方をきちんと守って使用することが重要。今回は、毛穴パックのNG例やOK例、正しい使用頻度や使い方、おすすめの毛穴パック商品などをご紹介します。

これをやってはダメ! 毛穴パックの3つのNG例と対処法

まずは毛穴パックを使用する際のNG例とその対処法をご紹介します。

NG1:洗顔直後に毛穴パックをしない

洗顔後の肌は毛穴が引き締まっています。そのため、毛穴が引き締まった状態で毛穴パックをし、角栓を取り除こうとすると、締まった毛穴から無理やり角栓を引き抜いてしまうことになるのです。無理やり角栓が引き抜かれた毛穴は炎症を起こし、思わぬ肌トラブルの原因になることも。毛穴パックで逆効果を引き起こしてしまわないためにも、洗顔直後に毛穴パックをするのは控えましょう


対処法:いつ毛穴パックをするのが最適なの?

毛穴パックをする最適なタイミングは、洗顔後に蒸しタオルで毛穴をあたため、毛穴が開いた状態になったとき。蒸しタオルで毛穴をあたためると、毛穴が開くと同時に肌がやわらかくなるため、毛穴パックをして角栓を引き抜いても毛穴に対するダメージは少なくて済むのです。毛穴パックをする際は、洗顔で顔の汚れを落とし、蒸しタオルで毛穴をあたためてからにしましょう。

NG2:毛穴パック後の肌を放置する

毛穴パック後の肌は負担がかかっている状態なので、そのまま放置してしまうと逆効果になってしまうことがあります。そのため、毛穴パック後の肌を放置するのは好ましくありません。


対処法:自分に合ったアフターケアを行うこと

毛穴パック後の肌の負担を減らすために、化粧水や美容液などをきちんとつけ、アフターケアを行うことが重要です。また、手で直接塗り込むだけよりも、化粧水や美容液などを染み込ませたコットンを数分間顔の上におき、毛穴に液を染み込ませるようにするとより良いでしょう

NG3:毛穴パックを使い過ぎている

毛穴パックの吸着力、洗浄力は強く、肌に必要な皮脂、角質、水分を奪ってしまいます。必要な皮脂や角質が奪われた肌は、紫外線などの外的刺激から弱くなるとともに、お肌の水分もどんどん逃げてしまい、良かれと思って行った毛穴パックが原因で、お肌の状態を悪化させてしまうのです。さらに、皮脂などが奪われると必要な分を補おうとして皮脂が過剰分泌することがあります。皮脂が過剰分泌は毛穴の開きの原因となるので、要注意です。


対処法:毛穴パックは頻度を守って使用する 

頻度の目安はお肌のターンオーバーの周期(28日から56日間)を考えると、月に1回から2回が無難です。毎日のスキンケアをしっかりと行った上で、それでも毛穴の詰まりや黒ずみが気になるときにスペシャルケアとして毛穴パックを行うようにしましょう。

毛穴パックの効果がある毛穴と効果のない毛穴がある

「開き毛穴」や「たるみ毛穴」など、数ある毛穴トラブルの中でも毛穴パックが効果的なのは毛穴に巨大化した角栓が詰まってしまった「詰まり毛穴」です。


そもそも角栓とは、皮脂と古い角質が混ざり合ったもので、どんなお肌にも存在し、毛穴を外的刺激から守ってくれています。本来であれば、角栓はお肌のターンオーバー(細胞の生まれ変わり)とともに自然に生成され、排出されていきます。しかし、お肌の調子が悪くなると、角栓は排出されずに毛穴にとどまります


そして、ただ毛穴にとどまるどころか、古い角質や皮脂、落とし切れなかったメイク残りを”材料”にしてどんどん巨大化し、毛穴を塞いでしまうのです。この状態が「詰まり毛穴」。さらにそのまま時間が経過すると角栓の表面は酸化し、黒ずみどんどんと目立っていきます


簡単に言うと、この大きくなった角栓を物理的に取り除いてくれるのが「毛穴パック」ということなります。下図のような感じですね。


これだけ見ると、毛穴パックは優秀なアイテムのように思えますが、やはりデメリット注意すべき点があります。次の章では、毛穴パックの種類とともに、メリットやデメリット、注意点を解説していきます。

毛穴パックの種類とそのメリット・デメリットと注意点

一口に「毛穴パック」と言っても、大きく分けて下記の2種類があります。


●剥がし取るタイプ
●洗い流すタイプ


ここではそれぞれのメリット・デメリットを解説いたします。

剥がし取るタイプのメリット・デメリット

剥がし取るタイプの毛穴パックは、「毛穴の気になる部分を湿らせ、シートを貼り、シートに角栓を吸着させて剥がし取る」という手法が主流です。


●メリット
・強力な粘着力で角栓を根こそぎ取り除くことができる。
・比較的に安価で、手軽に行うことができる。


●デメリット
・粘着力が強いため、お肌に必要な皮脂や角質、水分まで取り除いてしまう。
・シートを剥がすときに肌を傷つける恐れがある。

洗い流すタイプのメリット・デメリット

洗い流すタイプの毛穴パックは、クレイパックが主流です。


「クレイ」とは、のこと。天然の泥には吸着力があり、その性質を用いて毛穴の汚れや余分な皮脂、古い角質を泥に吸着させます。具体的には泥成分を配合しているパックを毛穴の気になる部分に塗り、数分放置したあと、洗い流します。


●メリット
・天然の泥の持つ吸着力や洗浄力で毛穴の汚れを取り除くことができる。
・泥自体は天然成分なので、比較的肌への負担は少ない。
・泥には天然のミネラルも含まれているので、保湿効果や血行促進も期待できる。


●デメリット
・吸着力、洗浄力が強いので、肌に必要な皮脂や角質、水分まで洗い流してしまう。
・シートタイプよりも手間がかかり、価格も比較的高め。


+++++


以上、それぞれのメリット、デメリットを考え合わせたときに、cololier編集部では、スペシャルケアとして毛穴パックを行う場合は「クレイパック」を推奨しています。

パック前の正しい洗顔方法と毛穴パックの手順を徹底解説!

毛穴パック前にする正しい洗顔方法と毛穴パックの正しい手順をご紹介いたします。

パック前の正しい洗顔方法

毛穴パックをする前にまずは正しい方法で洗顔をしましょう。やり方は以下の3ステップ。


1. 泡立て用のネットなどを使い、洗顔剤をできるだけ泡立てる。
2. 泡で毛穴汚れを取るイメージで、ごしごしせずに優しく洗う
3. 時間をかけてしっかりと顔をすすぐ。この際ごしごし顔を擦らないようにする。


とにかく顔を強く擦らないようにすることが重要です。

毛穴パックの正しい手順

ここではクレイパックの一般的な手順を解説いたします。


(1)洗顔後パックを行う前に、顔全体、もしくはパックを塗る部分に蒸しタオルをあて、毛穴を開いておく。
パックの前にしっかりと洗顔し、顔の汚れを取っておきましょう。正しい洗顔方法はこちらに詳しく紹介しています。


【蒸しタオルの作り方】
フェイスタオルを水に浸し、軽く絞った後電子レンジで温めます。電子レンジの設定は500Wもしくは600Wで、加熱する時間は1分程度。これで蒸しタオルが出来上がります。


顔全体、もしくはパックを塗る部分に蒸しタオルをあてましょう。温度で言うと50℃くらいが適温です。「少し熱くて気持ちいい」くらいの感覚があれば大丈夫。熱すぎると火傷してしまいますので注意してください。3分から5分、顔に当てていると、毛穴が大きく開いてきます。

(2)クレイパックを毛穴の気になる部分が隠れる程度伸ばし、5分から10分放置する。 
お肌の薄い目元や口元には刺激が強すぎるため、塗るのは避けましょう。またその他でもお肌がヒリヒリするなどの異常を感じたときはすぐに洗い流しましょう。


(3)完全に乾いたら洗い流す。
パックが乾いたらしっかりと洗い流しましょう。32℃くらいのぬるま湯でパックが残らないように、きっちりと洗い流します。


(4)パックの後はしっかりと保湿する。
先ほど注意点として記載しましたが、パックを行うと、お肌に必要な皮脂や角質、水分まで奪われている可能性が高いです。化粧水や乳液、美容液などでしっかりと保湿しましょう。


編集部おすすめの化粧水はこちらで紹介しています。



またおすすめの美容液はこちらの記事をご覧ください。


以上がクレイパックの一般的な手順ですが、製品に記載されている用法を守って行ってください。

編集部おすすめのクレイパック5選

ここではcololier編集部が厳選したクレイパックをご紹介いたします。繰り返しになりますが、クレイパックは肌の負担になる可能性もあります。ご使用の際には、製品に記載された用法をしっかりと守りましょう!

オルビス『ディープクレイスパ -贅沢な海のパック-』


編集部がおすすめするクレイパックはオルビス『ディープクレイスパ-贅沢な海のパック-』です。


こちらのパックにはミネラル分を豊富に含んだクレイが配合されています。ミネラルを肌に補給させながら、クレイに余分な皮脂や不要な角質、毛穴の汚れを吸着させ、洗い流すことができます。


またクレイの他にも、海洋由来の保湿成分も配合されており、お肌を潤わせてくれます。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:1,800円(税抜) / 100g
○ クレイ配合、海洋由来の保湿成分配合、油分・香料・着色料は無添加

itten cosme(イッテン コスメ)『泥練洗顔』


編集部がおすすめするクレイパックはitten cosme『泥練洗顔』です。


こちら、実は洗顔料なのですが、クレイ成分が高い濃度で配合されており、クレイパックとしても使用できるのです。


クレイを高い濃度で配合することとともに、クレイ成分自体にもこだわり、世界各地から厳選した6種類のクレイが配合されています。


肌の引き締め効果の期待できるルビーソルトや、保湿成分であるアルガンオイルなども配合されており、汚れを落としながら、健康的な肌に導きます。


もちろん洗顔料としてもおすすめです!


○ 購入方法:公式HP / ドラッグストア
○ 価格:1,800円(税抜) / 120g
○ クレイ成分配合洗顔料、パックとしても使用可、厳選された6種類のクレイ成分、肌の引き締め成分、保湿成分

パラオミルキー『ピュアホワイトクレイパック』


こちらのクレイパックはパラオミルキー『ピュアホワイトクレイパック』です。


このクレイパックには、パラオに浮かぶ島々の一角で採取される「ホワイトクレイ」と呼ばれるクレイ成分が配合されています。このホワイトクレイは「天然の美肌剤」として、現地ではもとより、世界中の観光客から愛されてきました。


15年間の研究を重ね、このホワイトクレイをパックに配合することに成功。毛穴の汚れや古い角質、余分な皮脂を吸着し落としてくれる他、メラニンの生成を抑制することから、美白効果も期待され、さらにコラーゲンの生成も促進してくれ、エイジングケアもカバーします。


貴重な成分を配合しているため、高額な商品ですが、現在(2017年7月)公式HPではトライアルセットを販売中。こちらからお試しになられてはいかがでしょうか。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:7,560円(税込) / 95g
○ ホワイトクレイ配合、美白効果、エイジングケア、トライアルセットあり

ハウス オブ ローゼ『ハーバルクレイ パック』


編集部がおすすめするクレイパックはハウス オブ ローゼ『ハーバルクレイ パック』です。


こちらのパックには、ミクロのクレイ成分と、火山灰がベースとなったクレイ「ファンゴ」が配合されています。火山灰は地表に現れるとすぐに冷えて固まるため、ファンゴにはミネラルが劣化せずに封じ込められています。毛穴の汚れや余分な皮脂、角質を吸着させて落としながら、豊富なミネラルを肌に与えてくれます。


また6種類のハーブエキスにより、肌を引き締め、しっかりと保湿。肌の調子を整えてくれます。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:2,800円(税抜) / 150g
○ クレイ成分・ファンゴ成分配合、6種類のハーブエキス配合

ピノクラブ『お肌に、泥パック DX』


こちらのクレイパックはピノクラブ『お肌に、泥パック DX』です。


このパックに配合されいているのは、海底で採取される粘土質のクレイ。海底の泥の表面には5ミクロンの穴が空いており、そこに洗顔やクレンジングでは落としきれない毛穴の汚れや皮脂、古い角質を吸着させます


また潤い成分として深層水3種類の海藻エキスを配合。潤いとともにミネラルを肌に与えます


さらにコラーゲンヒアルロン酸などの美容成分も配合しており、保湿もバッチリです。


○ 購入方法:公式HP
○ 価格:6,000円(税抜) / 80g
○ 海底の泥成分配合、深層水・海藻エキス配合、コラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分配合

まとめ

毛穴パックは、日々の毛穴ケアをしっかりと実践した上で行う”スペシャルケア”として使用してはじめて、効果的なものとなります。間違った使用法は本当にお肌に良くないので要注意! 毛穴パックに頼らなくても大丈夫なくらい、日々のスキンケアに取り組んで、健康的な肌を保ちましょうね。



関連記事

関連記事はありませんでした