更新日: スキンケアブック編集部 72 views

障害があるほど燃え上がる!ロミオとジュリエット効果でより深い愛情を♡

愛の悲劇として知られている、ロミオとジュリエットにちなんで付けられた心理効果。これをうまく利用すれば、二人の愛をより深いものにすることができます。あなたも是非取り入れてみてください。

目次

  1. 様々な障壁に立ち向かうロミオとジュリエット
  2. ロミオとジュリエット効果とは?
  3. 会えない期間を作ってみる
  4. 周りの友人に協力してもらう
  5. やりすぎには注意

様々な障壁に立ち向かうロミオとジュリエット

出典:weheartit.com

劇作家シェイクスピアによる戯曲として有名なロミオとジュリエット。恋愛のお話ではありますが、単純にハッピーエンドで終わる訳ではありません。ロミオとジュリエットの間には様々な障壁が立ちはだかります。

情報の行き違いにより、最終的には愛ゆえに両方とも自殺をしてしまうという悲しい結末であるため恋愛悲劇としても知られています。

そんな物語にちなんだロミオとジュリエット効果をうまく利用すれば、あなたは彼とより深い結びつきを得ることができるかもしれません。

ロミオとジュリエット効果とは?

出典:weheartit.com

ロミオとジュリエット効果とは、障害のある恋愛ほど燃え上がるという心理効果のことを言います。

例えば、すでに結婚している異性を好きになってしまった人や、付き合っている人を好きになってしまった場合ほど、普通に恋をしているよりも強い結びつきを感じる、という話はよく聞きます。

この効果をうまく利用して、あえて障害を作ってみる訳です。

会えない期間を作ってみる

出典:weheartit.com

これまでは当たり前のように、週末は彼のために時間を空けていたかもしれませんが、あえて会えない期間を作ってみましょう。

単純に”仕事が入った”と言ってみたり”友人と遊ぶ”と別の予定を入れてしまうのも手です。とにかく会えない期間を作ることで、少しでも彼の会いたい欲求を焦らしてみましょう。

男性があなたのことを好きなのであれば、会えなくなった時間にあなたのことばかり考えだします。そうなることで、あなたの大切さを再認識することでしょう。

周りの友人に協力してもらう

出典:weheartit.com

障害を作るために、周りの友人などに協力してもらいましょう。

例えば彼の友人などに”二人は性格が違いすぎるから長続きできないかもしれないよ”と吹き込んでみたり”他の男性も君の彼女のことを気になっているらしい”などなど、演技をしてもらい彼に恋の障害がると思わせる作成です。

あえて障害があるように見せることで、彼は必死に彼女を守ろうと努力しますし、強く愛してくれるかもしれません。

やりすぎには注意

出典:weheartit.com

ただ、やりすぎには注意しましょう。もちろんその障害に打ち負けてしまう場合もあるかもしれませんし、会えない期間を作りすぎると不信感を抱かれてしまい、最悪別れる原因になってしまう可能性もあります。

ある程度、男性の反応を見つつ、彼を嫌な気持ちにさせすぎない程度に抑えるようにしましょう。

関連記事

なんだか今日はやる気がでない…そんな自分に打ち勝つ方法5つ

少しの工夫でやる気のない自分に勝つことができます。 身近なことから変えてみましょう。ほんの少しの工夫をするだけです。 活動的な日常を送っている人は、長生きで健康的に過ごせることが科学的にも確認されてい ...

2016/3/11  その他

料理マンガでスキルをみがこう♪レシピも使えるおすすめマンガ作品5選

最近「食」をテーマにしたマンガ作品が増えていますよね。マンガだと思って甘く見ている方がいらっしゃるかもしれませんが、実はとってもためになるんです!細かい調理方法なども書かれていて実際にレシピ通り作ると ...

2015/11/16  その他

プチ不調の時に効く!?深呼吸の底力が凄い♪

浅い呼吸は万病の元!しっかりと息が吸える体にするだけで、その不調が改善されるかもしれません。”いい呼吸”を身につけて諦めていた不調を改善しちゃおう!

2015/11/10  その他

2016年もクボメイクから目が離せない♡

可愛いをつくるスペシャリストの久保雄司さん。ツヤ・透明感・抜け感、女の子が欲しいと思っているすべてを詰め込んだヘアメイクが人気のクボメイク♡そんなクボメイク、マネしたいと思う女の子は多いはず☆今回はそ ...

2016/1/15  その他

今話題の「ゆうたろう」くん☆原宿・大阪で会える!サンニブを要チェック♪

きゃりーの事務所にスカウトされた「ゆうたろう」くん☆ ショップ店員をされてるそうですが、どこに行けば会えるのでしょーか?

2016/3/9  その他