更新日: スキンケアブック編集部 30 views

8歳で恋人になり88年後、最期の瞬間まで一緒にいた感動的な夫婦の愛

近所でも評判の仲のいい夫婦は、24時間~1週間ほどで後を追うように亡くなるケースが少なくないようですが、最期の時をここまで穏やかに過ごせる人は少ないであろう、アメリカの愛の深い夫婦の物語です。

出典:www.youtube.com

アメリカ、カルフォルニア州のサンディエゴにその夫婦は住んでいました。
アレクサンダーさんとジャネットさんは8歳の時に出会い、13年後の1940年に結婚し、それからの人生をお互いの愛情に費やして、命が尽きるその時まで二人は傍に寄り添い続けました。

出典:abc7.com

5人の子供に恵まれた夫婦は、穏やかな老後を過ごします。
夫のアレクサンダーさんはいつも妻の写真を持ち歩くほどの愛妻家で、二人は「離れるのは嫌だ。お互いの腕の中で死にたい」と口癖のように言っていたとか。

出典:www.dailymail.co.uk

アレクサンダーさんはゴルフが大好きで毎日のようにプレイしていたそうです。
しかし、そのゴルフのプレイ中に転倒、大腿骨を骨折し寝たきりの状態になってしまいます。
その後、次第に体力は減衰していき、日に日に悪化していくアレクサンダーさんの体調を見て、子供は「もう先は長くないかもしれない」と思うようになったといいます。子供たちは、二人の口癖でもあった「お互いの腕の中で死にたい」という意向を汲み、アレクサンダーさんを自宅で看護し、ジャネットさんの横にベッドを並べて二人の時間が送れるように取り計らいました。

そして、結婚記念日である6/29の12日前、子供たちは一足早い二人の結婚記念日を祝いました。子供たちは、記念日のお祝いをすると、二人の時間を楽しめるようにと部屋を離れます。

出典:www.dailymail.co.uk

子供たちが戻ってくると、アレクサンダーさんはジャネットさんの腕の中で幸せそうに亡くなっていたそうです。子供が、ジャネットさんにアレクサンダーさんが亡くなったことを告げるとジャネットさんはアレクサンダーさんを抱きしめ

「ずっと望んでいたことが叶ったわね。
私の腕の中で亡くなることができたわ。
私はあなたを愛している、愛しています。
すぐにまたあなたのところへ行くから待っていてね。」

その24時間後、後を追うようにジャネットさんも息を引き取りました。
こうして、二人の長い愛の物語は静かに幕を閉じました。

この感動的で奇跡的な物語はニュースでも取り上げられました。

出典:youtube.com

最期の時までお互いを思い、お互いの愛を尊重した二人の夫婦。
きっと、天国に行っても二人はずっとお互いを愛し続けるのでしょう。
残す不安、残される苦悩、最期の時はいつも辛いものです。
あなたは、パートナーとの最期の時をどう過ごしますか?
できることなら、この夫婦のような時を過ごしたいですよね。

今パートナーがいる人は、存分に愛情を育んでいってください。まだパートナーがいない人は、これから惜しみなく愛を育める人を見つけてください。感動をくれた夫婦に感謝を。どうか安らかにお眠りください。

関連記事

この春大注目の大人マリンスタイル!!おすすめコーデで先取りしちゃおう♪

この春注目したい大人マリンスタイルって知ってますか?シックなカラーのボーダーTシャツなどをコーディネートにくわえて、子供っぽくなりすぎない大人なマリンスタイル。 今回はそんな大人マリンスタイルにおすす ...

2016/5/10  その他

春先の使えるアウターといえば「デニムジャケット」で決まり!今年流に着こなしたコーディネート集

デニムジャケットといえば春先に使える定番アウターとして知られるアイテムです。定番アイテムでも今年流に着こなせばトレンド感を出しつつ着こなすことができますよ♪

2016/3/7  その他

こんな男性は要注意!!捕まったら悲劇な『結婚する気のない男の特徴』

結婚をしたくない時だったらまだしも。いや、今あなたが結婚を意識できないお歳でも! こんな男性と長く付き合ってしまったら大変!!女性の一番イイ時を最悪な彼氏に無駄にされないように! 結婚したい人はぜった ...

2016/1/30  その他

入手困難!?イイホシユミコさんの世界にはまる女性急増中!!

イイホシユミコさんをご存知ですか?この方の作る器が今どれもかしこも大人気なんです。ピンクの器も絶賛限定発売中のようなので自慢できること間違いなし♪ぜひcheckしてみてください。

2016/2/3  その他

ピエール・エルメのレシピ本「サティーヌ(SATINE)」が、もはや芸術本の美しさ

「パティスリー界のピカソ」とも賞賛されるピエール・エルメ氏のレシピ本が発売されます。このレシピ本がもはや芸術本のようにとっても美しいんです!レシピ本としてはもちろん、観賞用としても楽しめそうです♪

2016/1/28  その他