更新日: スキンケアブック編集部 103 views

春はやっぱり履きたくなる「花柄スカート」*かわいく履きこなして気分も華やかに♪

春の陽気と合わせて身に付けたくなるものが柄物アイテム♪ 中でもやっぱり「花柄スカート」は女子力アップするしかわいいし、履きたくなっちゃいます。そんな花柄スカートコーデをご紹介。

目次

  1. 毎年春に身に付けたくなる「花柄」
  2. 花柄スカートコーディネート集

毎年春に身に付けたくなる「花柄」

出典:www.tumblr.com

今か今かと春を待ちわびている方も多いのではないでしょうか?ダークトーンでまとめがちになる冬のファッションから、早く鮮やかな春のファッションを楽しみたくなりますよね♪

出典:zozo.jp

中でも鮮やかに色づきだす植物たちと合わせて身に付けたくなるのが「花柄」アイテム。やっぱり履くだけで女子力アップする花柄スカートはこの季節に絶対履きたくなる定番アイテム♡

出典:wheretoget.it

かわいくおしゃれに取り入れて春コーデを楽しみましょう♡

花柄スカートコーディネート集

出典:zozo.jp

カラフルにペイントされた花柄は履くだけで元気になります♪その他のアイテムをホワイトで統一してスカートを主役に。もしくはさらに柄物をONしてタッキーなスタイリングにも使えますね。

出典:zozo.jp

ちょっと落ち着いた大人のあなたにはレースでボルドーのスカートをお勧め。花柄も単色なので上品に着こなせますね♪ ちょっとしたパーティーでも使えそう。

出典:zozo.jp

プリーツロングスカートには厚底のサンダルと合わせて履きたい。ふわっとした素材感で、可憐に風になびかせて♡

出典:wear.jp

彩度の高い花柄にはブラックと合わせると色がより引き締まって写ります。ヴィンテージ感溢れるコーデに赤のバッグをアクセントに♪

出典:wear.jp

抜け感漂うスタイリング。ハイウエストに履いたスカートが今っぽい♪

出典:wear.jp

オーガンジーミディスカートがとても春の気分にぴったり。風に揺れるオーガンジーがかわいく、女性から見てもかわいいです♪

出典:zozo.jp

チュールレイヤードが入ったタイプもかわいいですね。オシャレでふんわりとした印象を与えてくれ、フェミニンに着こなしたい。大きめの花柄がプリントされているのもポイント高し!

出典:wear.jp

あえてモノトーンでまとめて甘さ控え目にすれば大人女子感UP!カッコよく取り入れたい方にお勧めです。

出典:wear.jp

ボーダー×花柄でカジュアルに。足元もサンダルで抜け感たっぷり♪

出典:zozo.jp

オレンジ系のニットを主役にレトロ感漂うコーデ。落ち着いた雰囲気で知的な女性の印象に。

出典:wear.jp

今年人気だったMA-1のジャケットと合わせて履くのも◎男性感のある無骨さの中に、あえて女性らしい花柄スカートを合わせればおしゃれにきまります。

春になると花柄ってどこかに取り入れたくなりますよね。鮮やかでかわいいコーデを見ていると、早く春ファッションを楽しみたくなります♪

関連記事

ちょっとのぞいてみよう☆東京都、凄すぎる賃貸物件!!!

世の中には想像できない物件が多々あります!中でも今回は東京都で実際にある賃貸物件をご紹介。 ちょっとのぞいて行きませんか?

2016/5/6  その他

視線で彼を落としちゃおう♪男にモテるアイコンタクト術

目は口ほどに物を言うなんてことわざがあるくらい、恋愛においても”視線”ってとっても重要なんです!初めて会った素敵な男性や、気になっているけど思いを伝えられない彼に、上手なアイコンタクト術を使って誘惑し ...

2015/11/23  その他

見た目は関係なし!好きな人と結ばれて幸せになる女性の4つのポイント♡

とくにモテるわけではない!とくに美人なわけではない!でも、好きな人と結ばれて幸せになれる女性っています。実はそんな女性には共通点があるんです。今回は、そんな好きな人と結ばれて幸せになれる女性のポイント ...

2016/4/16  その他

浮気をしない理想の男性に共通する5つの特徴!もう騙されたくないあなたへ

浮気をされて散々な目に合わされた人は「次は絶対に浮気をしない人を!」と思うものですよね。また、男に浮気は付き物と相手の裏切りに慣れてしまった悲しい人、まだ気付いてないけど浮気をしているんじゃないか?と ...

2015/12/12  その他

節電にも繋がる!?お部屋の寒さは「キルンケット」でぬくぬくに♪

12月にもなると、気温も下がり室内にいるのも寒いですよね。そんなときはキルンケットであたたまりましょう。暖房器具の節電にもつながりますよ♪

2015/12/8  その他